エポスの高級時計を選ぶ(デザイン、価格)

  • (1)エポスの由来・歴史
  • (2)エポス(EPOS)の高級時計一覧
  • (3)ブランド別での高級時計一覧




(1)エポスの高級時計の歴史

エポスのこれまでの歴史はこのようになります。

創業年:1983年
創業国:スイス時計

クォーツ時計が世界中を席巻し、再び機械式時計隆盛の時代が来るとは誰もが考えなかった1980年代初頭。その時代に、将来再び機械時計が復権することを予見して機械式時計を専門的に製作する会社としてMontres EPOS SAを設立したのが、エポスの創業者ピーター・ホッファーである。  1983年に創設されたこのブランドは、実は1925年にスイス・ジュウ渓谷に設立されたジェームス・オーバートのウォッチカンパニーが源流になっている。彼はかつて「Valjoux社」と「Landeron社」で伝統的な時計製作の技術を身につけており、独立後はクロノグラフとミニッツリピーターの発展に研究を重ねて「複雑時計のスペシャリスト」としての地位を確立していた。  そのジェームズ・オーバートの技術と知識を受け継いだ一人、義理の息子であるジャン・フィロンは現在もなおEPOSウォッチエンジニアのチーフとして活躍し、ジャンピングアワーやムーンフェイズレギュレーターのような複雑時計の製作は全て彼の工房であるジェームズ・オーバートSAで行われている。品質にこだわる姿勢は時計愛好家のためのウォッチメイキングを目指したものであり、斬新なデザインとアイデア、そして同時にそのコストパフォーマンスの高さで世界中にエポス・ファンを着実に増やし続けている。  2002年にホッファーはエポスの後継者として、スイスの時計産業で重要なキャリアと幅広い人脈を持ったタムディ・チョンゲをCEOに、そしてスイスのウォッチメーカーの一族の出身である妻のウースウ・フォスターを社長に選んだ。そしてこの2人によって、エポスはさらに精力的に新たな境地を切り拓いている。  エポスの時計は全て機械式時計であり、全ての基本的モデルのベースムーブメントにETA社のものを使用。これにエポス独自の機能やデザインを加え、ユニークなタイムピースを生み出している。2005年には400万円アンダーの「フライングトゥールビヨン」を発表、2006年には、懐中時計用の手巻きムーブメントであるETA製のユニタスCal.6498搭載の「ソフィスティク コレクション」と名付けられたワンハンドのモデルの時計が話題を呼び、2007年には「センタースモールセコンド」や両面スケルトンの「ポケットウォッチ」が華麗な時計世界を見せた。  2008年は、精悍なデザインの「スポーツ コレクション」やエポスが得意とするスケルトン仕様の「スポーツ コレクション スケルトンクロス」がエポスの幅を感じさせ、同時にエレガントな「エモーション」シリーズから登場したラウンドケースのレギュレーター仕様や「トリプルカレンダー ムーンフェイズ」が、その深さを見せるラインナップとなった

(2)エポスの高級時計の一覧表示

エポスの高級時計のデザイン・価格は以下となります。
各名称やデザインをクリックすることでより詳細な機能を確認することができます

先頭へ  ←前へ  次へ→  
ここに全3000種類の高級時計の一覧を表示します
先頭へ  ←前へ  次へ→  

(3)ブランド別での高級時計一覧

時計のブランド名で対象を絞り込んで一覧表示できます




このページの先頭へ